06-6485-3201 お問い合わせ
イメージ画像

BLOG

研究者思考 第4章「感情論と理論を分ける」

研究者思考 第4章 「感情論と理論を分ける」
これは表題を見たそのままのことなのですが、非常に重要な思考になります。
特に自然科学の研究者は、理論を中心に論文を構成していきます。可能な限り個人の見解は抑えていきます。
論文に記載する考察も、取得したデータから容易に類推される理論を中心に書かれます。最初私が考察を書いた際には、自分の予想や自分の感想、論理の飛躍した文章を書いていました。

 

考察なのだから、考えたことを書けばいいのだと理解していました。自分の考えたことを書けばいいはずなのに、なぜか修正が入る。おかしい。となかなか考察の書き方に慣れることができませんでした。
ある時考察は、今わかっている事実からわかることを書く場所なのだと気づき、それからは考察の修正が減りました。
では、なぜ自然科学の研究論文に感情論を極力入れないのでしょうか?・・・そんな話を無料のオンラインサロンにて発信させていただいております。

 

私(中博士)が実体験の中で掴んだ、【研究者思考】を本気でお伝えしていますので、研究をしている人はもちろんの事、【人生の課題解決】の向上にお役立てください。

 

一部有料コンテンツもありますが、その売上は無料オンラインサロンの運営に大切に使わせて頂いています

▼オンラインサロンの参加申請はこちら
https://www.facebook.com/groups/dr.naka.community/

こちらのブログでも、オンラインサロンで発信している内容の一部を【研究者の視点】として発信していきますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

 

 

大阪市のゼロ・イチ研究所はエビデンスデータ、様々な業界の実績をもとにした、研究開発・商品開発・技術ブランディングを行うことで企業や商品の魅力を最大限に発揮します。課題状況のヒアリングからマーケティング・販売までを一気通貫で支援することで、投資収益率(ROI)を最大化するコンサルティングカンパニーです。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

商品開発・人材育成は、ゼロ・イチ研究所株式会社へお任せください!
ご相談、お見積り、お気軽にお問い合わせください。